BLOG

ブログ

TOPIC 2021.10.28

G7貿易大臣会合で初の「強制労働排除」の声明 グローバルサプライチェーンで問題先鋭化 ホワイト縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

海外は勿論のこと国内でも違法な労働環境の縫製工場があることは、

雑誌や新聞などでも報道されていますね。

当社はホワイト国内縫製工場として操業していますので、

安心して縫製加工をご依頼いただけます。

繊研新聞社

G7貿易大臣会合で初の「強制労働排除」の声明 

グローバルサプライチェーンで問題先鋭化

ファッションビジネスにも影響大

2021年10月28日更新


 10月22日に開かれたG7貿易大臣会合で、サプライチェーンでの強制労働の排除を呼び掛ける共同声明がG7として初めて採択された。衣料品の工場を含め、一部の国・地域での人権抑圧・強制労働が国際問題となる中の「画期的な声明」(萩生田光一経済産業大臣)で、日本のファッションビジネス業界に与える影響も大きい。萩生田経産相は強制労働問題を含めた企業の人権政策に関する省内横断チームを新設する方針を示した。業界にとっても、グローバルな成長戦略やサステイナビリティー(持続可能性)施策を促進する上で、人権対策は不可欠だ。各企業のさらなる取り組み強化策とともに、中小企業支援策を含めた今後の政府の対応が注目される。(有井学)

古くて新しい問題

 共同声明は6月のG7首脳会議で、今回のG7貿易大臣会合に対して強制労働排除のための国際協力を促すよう「指示」したことを受けたもの。強制労働に対する「懸念」を改めて表明した上で、各国政府と企業に対して人権配慮と国際労働基準の順守、国際機関によるビジネスと人権に関する国際的な指針の徹底、サプライチェーンでの労働状況に関する透明性の向上などを求めた。

 米国バイデン政権が外交政策で、対中国を中心に人権問題を重視して輸出入規制を強め、欧州では人権対策で法令を整備するなどサプライチェーンでの人権問題が国際的な課題として浮上したのが声明の背景。「会議の中では特定の国・地域を念頭に置いた議論はなかった」(萩生田経産相)が、中国新疆ウイグル自治区の縫製工場などでの強制労働が議論を加速させるきっかけになったとも見られる。

 しかし、この問題は以前からある〝古くて新しい〟課題だ。90年代にはナイキの契約工場での児童労働が米国で大きな問題となり、同社に契約工場との新たな取引規約の策定を促した事態もあった。国際機関も以前からこの問題に取り組んできた。OECD(経済協力開発機構)は76年に多国籍企業に対して責任ある行動を自主的にとるよう勧告するための「多国籍企業行動指針」、17年には衣類・履物分野を対象に、行動指針を実行するための実務的方法を示した「責任あるサプライチェーンのためデュー・ディリジェンス・ガイダンス」、18年には全業種を対象にした「責任ある企業行動のためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」を策定。国連は11年に「人権を保護する国家の義務」「人権を尊重する企業の責任」、国家による司法手続きなど「救済へのアクセス」を柱にした「ビジネスと人権に関する指導原則」を作った。指導原則の普及と実施の国別行動計画を要請し、日本も20年10月に行動計画を策定した。

対策強化も大手中心

 こうした流れとサステイナビリティーの重要性の高まりの中、日本のファッションビジネス企業も契約工場との取引基準を厳格化したり、製品のトレーサビリティー(履歴管理)を明確化するなど対策を強化している。サステイナビリティーの重要性を踏まえ、経産省も繊維産業のサステイナリビリティーに関する検討会を2~6月に実施。「責任あるサプライチェーン管理」を重点課題の一つに挙げ、OECDの衣類・履物類のガイダンスに沿った施策を企業に促す業界ガイドラインを日本繊維産業連盟を軸に策定することを提起した。さらに、7月1日に全業種を対象にしたビジネス・人権政策調整室を新設した。

 新設するチームは同室が企業に実施した人権に関する取り組みの調査をもとに「今後の政策を検討」し「国として内外に発信したい」(萩生田経産相)という。ただし、チームの体制や設置時期、具体的な政策は未定だ。

 この問題は外務省や、厚生労働省、法務省など多くの省庁に関わる課題。経産省だけでは解決できず、政府全体に広げる必要がある。対策を強化している企業の大半は大手企業でもある。ファッションビジネス業界を含め、海外生産しながら、対策が不十分な中小企業が多い。国の支援策も求められる。

 

強制労働に関するG7貿易大臣声明の概要

  1. グローバルなサプライチェーンでの国家によるあらゆる形態の強制労働の利用に関する懸念を共有

  2. 貿易政策がグローバルなサプライチェーンでの強制労働を予防、特定し、排除するための包括的なアプローチの重要な手段の一つとなり得ることを認識

  3. 全ての国、多国間機関、ビジネスに対し、人権と国際労働基準を堅持することにコミットし、責任ある企業行動についての関連原則を尊重するよう要求

  4. 強制労働を根絶し、犠牲者を保護し、国連のビジネスと人権に関する指導原則を実施する上での政府の重要な役割を認識

  5. ビジネスにとっての明瞭性と予見可能性をさらに強化することにコミット

  6. OECDの多国籍企業行動指針や責任ある企業行動のためのデュー・ディリジェンス・ガイダンスなどに沿って、人権デュー・ディリジェンスに関するガイダンスを促進することにコミット

  7. 個人を強制労働から守り、グローバルなサプライチェーンで強制労働が利用されていないことと、強制労働を行った者に対して責任を問うことを確保するため、各国が利用できる国内的手段及び多国籍機関を通じた協働を継続

OTHERSその他の記事

news
NEW 2022.5.16

繊研新聞の記事・アイエスジェイエンタープライズ

繊維製品に限らず、新型コロナウイルスの拡大でサプライチェーン問題が拡大しています。 日本国内製造業としては、チャンスに切り替えていきたいですね。 上海発着の物流再開 高額運賃、納期設定なしで 混乱…

続きをみる
news
TOPIC 2022.4.21

値上げ社会の到来 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

国内縫製工場を営む上でも、新型コロナウイルス感染症やコンテナ不足、 ウクライナ情勢や、原油高、円安、上海ロックダウンは大きな影響が出ています。 縫製工場として、加工賃の値上げが緊急の課題になっていま…

続きをみる
news
TOPIC 2022.4.18

世界遺産・二条城 御台所 豪華着物ドレスランウェイ 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

2021年(令和3年)12月18日に世界遺産・二条城 御台所にて 第4回【HAPPY KIMONO PROJECT】が行われました。 豪華着物ドレスランウェイの様子です。 一般社団法人キモノビューティー協会 代表理事 村上裕子様…

続きをみる
news
TOPIC 2022.4.13

経済産業省製造産業局生活製品課長の永澤剛氏 繊維産業は法令順守の徹底を

とても気になる記事がありました。 現在繊維産業における悪質企業は減少傾向になります。 一部の悪質企業のせいで、繊維職種の特定技能制度追加が遅れていきます。 ①技能実習に係る法令順守の徹底 ②サステイナ…

続きをみる
news
TOPIC 2022.4.1

繊研新聞 DtoCに挑む工場が続出 SNSやクラウドファンディングを有効活用 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

シリーズ《岐阜縫製業の今④》 DtoCに挑む工場が続出 SNSやクラウドファンディングを有効活用 繊研新聞 2022年04月01日更新 一部抜粋  コロナ禍で急速に拡大したDtoC(メーカー直販)への動き。…

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.31

繊研新聞 縫製加工賃アップの好機 縫製技術高める努力も不可欠 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

シリーズ《岐阜縫製業の今③》 縫製加工賃アップの好機 縫製技術高める努力も不可欠 繊研新聞2022年03月31日更新 一部抜粋 岐阜県の組合が今年作成した主要4アイテムの標準工賃を示すポスター。これも工賃…

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.30

繊研新聞 実習生受け入れ国を変更 特定技能追加の声高まる 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

シリーズ《岐阜縫製業の今②》 実習生受け入れ国を変更 特定技能追加の声高まる 繊研新聞 2022年03月30日更新 一部抜粋   ベトナムをはじめ、中国以外からの技能実習生を招き入れる縫製企…

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.29

繊研新聞 実習生不在で細る物作り 入国再開も「追いつかない」 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

シリーズ《岐阜縫製業の今①》 実習生不在で細る物作り 入国再開も「追いつかない」 繊研新聞 2022年03月29日更新 一部抜粋  コロナ禍で厳しい状況に立たされている業種の一つが国内の縫製業だ。…

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.28

《インタビュー》特定技能に繊維職種追加を 業界全体で声を上げたい

《インタビュー》繊研新聞 MSI協同組合代表理事 井川貴裕さん 特定技能に繊維職種追加を 業界全体で声を上げたい    特定技能へ繊維・衣服関係職種追加を強く要望する、外国人技能実習生の受け入れ…

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.14

工業用ロックミシン作業  国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

工業用ロックミシン作業  日本国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ 工業用ロックミシン JUKI MO-3914の作業風景です。   https://youtu.be/pZUeZ481yV4

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.12

ウエストゴム入りベルト付けミシン作業 縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

ウエストゴム入りベルト付けミシン作業 縫製工場アイエスジェイエンタープライズ 当社グループでは、様々な商品を生産しています。 その中には、ハイテンション素材の商品などもあります。 様々な特殊ミシンを…

続きをみる
news
TOPIC 2022.3.8

国際女性デー2022(International Women’s Day)3月8日 株式会社アイエスジェイエンタープライズ

日本労働組合総連合会・国際女性デー International Women’s Day 2022年3月8日 株式会社アイエスジェイエンタープライズが製造したマスクを、 日本労働組合総連合会様に 啓発イベントで採用していただき…

続きをみる
news
TOPIC 2022.2.3

繊維職種 特定技能追加要望について 中日新聞に掲載されました (縫製工場アイエスジェイエンタープライズ)

繊維職種 特定技能追加要望について 2022年2月3日 中日新聞に掲載されました 現在、繊維職種は特定技能制度1号が認められておりません。 新型コロナウイルス感染症拡大により、海外との往来が制限され…

続きをみる
news
TOPIC 2022.1.1

年始のご挨拶 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

年始のご挨拶 旧年中は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げるとともに、 本年も変わらずご愛顧を賜わりますようよろしくお願い申し上げ…

続きをみる
news
TOPIC 2021.12.22

繊維職種の特定技能制度への追加が必要 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

信用情報に掲載されました  2021年12月20日号 MSI協同組合が各方面に要望 国籍を問わず女性が働ける職場環境を 繊維職種の特定技能制度への追加が必要 コロナ禍で外国人技能実習生の多くが…

続きをみる
news
TOPIC 2021.12.18

外国人の入国停止延長 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

国内の縫製・衣服・繊維産業では、実態として常勤の日本人職員と外国人材(外国人技能実習生含む)の皆様の協力の下、 成り立っている現状がございます。 約2年間、ほぼ入国停止状態により、手の打ちようが無く…

続きをみる
news
TOPIC 2021.12.15

本日の日本経済新聞より 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

アパレル 国内生産回帰(ワールドやTSI コロナで物流混乱) 本日の日本経済新聞一面で書かれていました。 円安・・・?現地の人件費上昇・・・?物流混乱で収束が見えず・・・? 何かと大変そうですね、海外…

続きをみる
news
TOPIC 2021.12.4

繊維業は特定技能制度への追加が必要です 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

日本国内の縫製工場ではかつて無い労働力不足が起きています。 新型コロナウイルス感染症の拡大で海外との往来が制限され、 外国人技能実習生の入国がなく、 日本に滞在している外国人技能実習生が帰国している…

続きをみる
news
TOPIC 2021.12.1

特定技能に繊維職種追加の声を上げていく必要がある 国内縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

外国人入国を1カ月停止 来春夏の国内生産はキャパ不足濃厚に 2021/12/01  繊研新聞  政府は11月30日、全世界からの外国人の新規入国を停止した。 新型コロナウイルスの新たな変異株であるオミクロン…

続きをみる
news
TOPIC 2021.11.29

特定技能制度の繊維職種追加についての要望書 縫製工場アイエスジェイエンタープライズ

特定技能制度の繊維職種追加についての要望書 政府行政機関におかれましては、新型コロナウイルス感染症の大規模な感染の拡大防止に向けて、連日のご尽力を重ねておられることに敬意を表します。 私どもは協同…

続きをみる

CONTACTお問い合わせ

縫製をご依頼されたい法人様へ
まずはお気軽にお問い合わせください。

既製服 / 高級 / 高級ブランド / 高級婦人服ブランド / 高級紳士服ブランド / 高級婦人服縫製工場 / 高級婦人服縫製 / 高級婦人服 / 高級紳士服縫製工場 / 高級紳士服縫製 / 高級紳士服 / カジュアルブランド / ホワイト / ホワイト縫製工場 / ホワイト縫製会社 / クリーン / ファッション